| Main | All | Next
白い彼岸花
DSC_0124彼岸花白_579
赤い彼岸花が咲く中 ひと際目立っていたのが白い彼岸花。
惹かれて撮ってみました。
今の季節 まだやぶ蚊が多く 無防備に近寄り
やたらと蚊に刺され とてもかゆい思いをしました。
懲りずに同じようなことを何回もしてしまう
気が付けば 手足に虫刺されの跡が 名誉の負傷というのには
ちょっと人には、あまり見せられるものではないと
バッグの中に防虫スプレーを忍ばせなくてはと反省してしまいます。

AF-S Micro NIKKOR40mmのレンズを色々と迷ってついに購入しました。
初撮りというか
何回か撮ってみたのですが、ボツ写真ばかりで 
まあようやっとこんな感じで アップしてみました。
まだピントが甘く 結構苦手で集中力がいる作業な上
マイクロレンズの場合 特に合わせづらく感じました。
これから徐々に慣れていきたいと思っています。



ブログランキングに参加しています。



community : 写真 : 花・植物
| comment 2 | trackback 0 Top ↑
久しぶりの撮影
higannbana2_.jpg
つけまつげのような花弁

長ーいまつ毛に憧れました。
マッチ棒が乗るまつげなんだよ~なんて
話を聞くと羨ましかったわぁ~
彼岸花を見ていて思い出すなんて。





higannbana1_180.jpg
ヒロインのような彼岸花





higannbana3_182.jpg
そして群れのような彼岸花



近くの公園の脇の道路に
群れの様に植えられている彼岸花を見つけました。
カメラを家まで取りに行って 写真撮影開始。



ブログランキングに参加しています。



community : 写真 : 季節の風景
| comment 4 | trackback 0 Top ↑
赤い実のなる季節
pirakansasu.jpg
クロガネモチ


ピラカンサ
ピラカンサ

5年くらい前まで庭にピラカンサを植えていましたが、
余りにも大きくなりすぎてしまったので伐採してしまいました。
公園などで見かけると 思わず足を止めてしまいます。

火のように赤い実 そして棘のある木
赤い実がたわわとなり愛嬌をふりまているようにも見えます。
花言葉に愛嬌という言葉が出てきたのも頷けます。


seryou.jpg
千両
今年は、庭に千両の実が沢山なりました。
花言葉は、 富貴・富・可憐・財産・恵まれた才能・定める・価値
おめでたいイメージのある実です。









ブログランキングに参加しています。




community : 写真 : 花・植物
| comment 6 | trackback 0 Top ↑
秋の日の散歩
お天気が良いので 近所の氷川神社で菊花展を開催しているというので見に行ってみました。
最初に あまりじっくりと見た事のなかった狛犬様にご挨拶。凛々しいお顔です。

komainua.jpg
こちらが狛犬阿形でしょうか。


komaine.jpg
こちら狛犬吽形

阿吽(あうん、サンスクリット語: अहूँ 、a-hūṃ)は仏教の呪文(真言)の1つ。
悉曇文字(梵字)において、
阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、
そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた(ウキペディア参照)

子供の頃
物知りのおじさんにも同じような話を聞いたことがありました。
右から左に聞いていましたが、
阿吽に宇宙の始まりと終わりがあるなんてやっぱりすごいことです。


kikuten3.jpg


kikuten4.jpg


kikuten2.jpg


kikuten1.jpg
境内に展示してあった菊です。
競うあうように誇らしく 咲いていました。






ブログランキングに参加しています。


community : 写真 : お散歩写真
| comment 2 | trackback 0 Top ↑
シュウメイギク
シュウメイギク2
手招きをしているようにみえる シュウメイギク






シュウメイギク
沢山のシュウメイギク

北海道でシュウメイギクに出あう前は、
気にもしなかった花だったのに、

こんなにも愛らしかったなんて。。。




ブログランキングに参加しています。


community : 写真 : 花・植物
| comment 4 | trackback 0 Top ↑
| Main | All | Next