| Main | All | Next
亀戸天神 藤の花咲く頃
DSC_0020亀戸天神1_450亀戸天神16_465
露出プログラム S  ISO感度:100 シャッター速度1/100  Fストップ値: f14.0 露出:-0.33ev AF-S NIKOR55-200mm
赤い太鼓橋とスカイツリーと藤 そして人の波




DSC_0084亀戸天神2_451
露出プログラム S  ISO感度:200 シャッター速度1/100  Fストップ値: f10.0 露出:+0.33ev AF-S NIKOR55-200mm
亀戸天神の藤の花は三色あるそうですが、光の加減で随分と色の具合が変わって見えます。




DSC_0177亀戸天神11_460
露出プログラム S  ISO感度:400 シャッター速度1/100  Fストップ値: f9.0 露出:+0.33ev AF-S NIKOR55-200mm
測光モードを変えてスポット測光にして藤の花にピントをもっと合わせると良いとの事。






DSC_0192亀戸天神12_461
露出プログラム S  ISO感度:100 シャッター速度1/100  Fストップ値: f9.0 露出:+0.33ev AF-S NIKOR55-200mm
手前の藤の花にピントを合わせるともう少し引き立つとの事。




DSC_0156亀戸天神7_456
露出プログラム S  ISO感度:400 シャッター速度1/100  Fストップ値: f10.0 露出:+0.33ev AF-S NIKOR55-200mm
奥の藤の花にピントを合わせると奥行きが出るとの事。




DSC_0090亀戸天神3_452
露出プログラム S  ISO感度:200 シャッター速度1/100  Fストップ値: f10.0 露出:+0.33ev AF-S NIKOR55-200mm
まあまあな写真らしい。



DSC_0233亀戸天神14_463
露出プログラム S ISO感度:100 シャッター速度1/125  Fストップ値: f14.0 露出:+0.33ev AF-S NIKOR55-200mm
緑の木の部分がちょっと要らない部分との事。






画像5
トリミングしてカットしてみると意外にもスッキリした感じに見えました。





5月2日晴天 写真講座での撮影会で亀戸天神まで行ってきました。
現地に10時半に集合して自由に写真を撮り12時半に再び集合。
今回亀戸天神で赤い太鼓橋とスカイツリーと藤を入れるというテーマがあり
人の多い所での撮影に慣れていないので戸惑い気味。
少しでもピントが合うようにと眼鏡もしっかりして撮影に挑みました。

後日の講評で一緒に行った写友さん方の写真を拝見させて頂くとかなり高レベル。
アングルの撮り方ピントの合わせ方などかなり刺激を受けました。
時間と天気の違う日の写真を撮った方もいて それもまた興味深く写真の奥深さを感じました。
もう少し 勉強せねばというのを実感。




ブログランキングに参加しています。

community : 写真 : 東京写真
東京歩き | comment 2 | trackback 0 Top ↑
キャンパスライフに憧れて
DSC_0296rikkyou_354.jpg
露出プログラム A ISO感度:400  シャッター速度1/640 Fストップ値: f5.6 露出:2.00ev
立教大新校舎




立教大学_341
露出プログラム A ISO感度:400 シャッター速度1/1000 Fストップ値: f5.6 露出:0.33ev
蔦の絡まる校舎




廊下_343
露出プログラム A ISO感度:400 シャッター速度1/40 Fストップ値: f5.6 露出:0.33ev


写真教室で立教大のキャンパスへ
古い校舎と新しい校舎があり歴史を感じます。
もしも時間を遡ることができれば 学生生活をエンジョイしたいと思いますが、
息子に言わせると 「学生には学生の悩みがあるんだから。」と
きっぱりと言われてしまいました。
確かに若き悩みってありますね。





ブログランキングに参加しています。

community : 写真 : ある日の風景や景色
東京歩き | comment 4 | trackback 0 Top ↑
自由学園 明日館を撮る Ⅱ
明日館ドア_318
露出プログラム M ISO感度:400 シャッター速度:1/400  Fストップ値: f5.6 露出:1.00ev AF-S NIKOR18-55mm



明日館照明2_337
露出プログラム P ISO感度:400 シャッター速度:1/125  Fストップ値: f5.6 露出:1.00ev AF-S NIKOR18-55mm





明日館照明_336
露出プログラム S ISO感度:400 シャッター速度:1/1600  Fストップ値: f4 露出:3.00ev AF-S NIKOR55-200mm




ポピー_342
露出プログラム A ISO感度:400 シャッター速度:1/125  Fストップ値: f5.6 露出:ev 0.7 AF-S NIKOR18-55mm





明日館チュウリップ_331
露出プログラム A ISO感度:400 シャッター速度:1/640  Fストップ値: f5.6 露出:2.3ev AF-S NIKOR18-55mm




明日館カーテン_319
露出プログラム M ISO感度:400 シャッター速度:1/400  Fストップ値: f5.6 露出:2.00ev AF-S NIKOR18-55mm




明日館椅子_328
露出プログラム A ISO感度:400 シャッター速度:1/50  Fストップ値: f5.6 露出:2.00ev AF-S NIKOR18-55mm




DSC_0248雛人形_344
露出プログラム A ISO感度:400 シャッター速度:1/13  Fストップ値: f5.6 露出:0.3ev AF-S NIKOR18-55mm



明日館の内部は、懐かしい学校の雰囲気がします。
ホールでは、喫茶もありくつろげて話も弾みます。
ドアのデザインも照明 そして椅子までも
なんてお洒落な学び舎なのでしょう。
ちなみに ここの明日館 最初 「あしたかん」と読んでいました。
「みょうにちかん」なのだそうです。
多分 私だけかもしれないですが・・・・。

ブログランキングに参加しています。

community : 写真 : 東京写真
東京歩き | comment 4 | trackback 0 Top ↑
自由学園 明日館を撮る Ⅰ
明日館正面_329
露出プログラム A ISO感度:400 シャッター速度:1/500  Fストップ値: f5.6 露出:2.00ev AF-S NIKOR18-55mm



明日館2_317
露出プログラム M ISO感度:400 シャッター速度:1/250  Fストップ値: f5.6 露出:2.00ev AF-S NIKOR18-55mm



明日館1_316
露出プログラム S ISO感度:400 シャッター速度:1/250  Fストップ値: f5.6 露出:2.00ev  AF-S NIKOR55-200mm



明日館内装5_325
露出プログラム A ISO感度:400 シャッター速度:1/320  Fストップ値: f5.6 露出:0.67ev AF-S NIKOR55-200mm



明日館内装7_327
露出プログラム A ISO感度:400 シャッター速度:1/200  Fストップ値: f5.6 露出:2.00ev AF-S NIKOR18-55mm



自由学園は、羽仁吉一・もと子夫妻により大正10年(1921)に女学校として創立されました。
明日館は、その自由学園誕生の校舎でアメリカが生んだ建築の巨匠フランク・ロイド・ライトと
その弟子の遠藤新の設計になる建物です。(パンフレットより)

写真教室で今回は 豊島区の自由学園明日館(国の重要文化財)と立教大学での撮影会。
池袋駅西口から芸術劇場を通り過ぎ
西池袋(雑司ヶ谷)の住宅街の中に忽然と自由学園明日館の建物がありました。
写真では、何回か見たことはあるものの 大正時代の建物と聞いていたので
多分 骨董品のような感じなのでしょうと思っていました。ところが行って見て
大正時代のものとは思えぬほど 現代的でモダンで洗練されているのです。
建築の巨匠フランク・ロイド・ライト 敬服してしまいました。

写真を撮りながら、照明 そして特に窓のデザインに特徴があり 
建築に全く素人なのですが、
あれも素敵、これも良い感じなどと思いながらかなりの数のシャッターを切っていました。
後から写真を眺め、庭木に桜の木が植えられていることに気が付き、
花が咲いたらどんな雰囲気になるのだろうと想像してしまいます。


クリスマスローズ_335
庭に植えられていたクリスマスローズ


ブログランキングに参加しています。

community : 写真 : ある日の風景や景色
東京歩き | comment 0 | trackback 0 Top ↑
今年の指針
umi.jpg
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年は、一艘の船のように白い水しぶきを上げながら
真っ直ぐ進めたら良いなぁ~という願望を込めての画像です。

元旦に近所の神社でおみくじを引いたら
「迷わずに進め」とありました。(ナニヲ?ッテカンジデス)

「吾十有五にして学に志し(志学)、三十にして立ち(而立)、四十にして惑わず(不惑)、
五十にして天命を知る(知命)。六十にして耳順(したが)い(耳順)、
七十にして心の欲する所に従いて矩(のり)を踰(こ)えず(従心)」
孔子の「論語」にありますが、
四十をとっくに過ぎているのに いつも迷ってばかり
取りあえず あまり欲張らずに 今年の指針として置きます。



ブログランキングに参加しています。


community : 写真 : ある日の風景や景色
東京歩き | comment 4 | trackback 0 Top ↑
| Main | All | Next