| Main | All | Next
宗旦木槿の妄想
mukuge1.jpg
今日咲く花。






mukuge2.jpg
明日咲く花。






mukuge3.jpg
そして ともに咲く花。



宗旦木槿達の声が聴こえますか。

ムクゲにも色々な種類がありますが、
好ましいと思ったのは、花びらが白で底紅の宗旦木槿。
千利休の後妻宗恩の連れ子である小庵の子  
千宗旦が好んだ花と言われています。

宗旦木槿を眺めて 夏の暑さのせいか 
そこに何か秘められた物語りがあるようで
妄想してしまいそうです。





ブログランキングに参加しています。




community : 写真 : 花・植物
夏の花 | comment 0 | trackback 0 Top ↑
ニコライ堂から旧岩崎邸まで
夫の通院の付き添いで 御茶ノ水まで 年に何回か行きます。
病院での待ち時間が余りにも長いので 夫が受診している間 
夫には、悪いけど 御茶ノ水近辺の散策を してみることにしました。

この日は、
ニコライ堂~湯島聖堂~神田明神 天野屋(甘酒屋さん)ここで休憩
~湯島天神~無縁坂~旧岩崎邸園まで歩いてみました。
にわか雨だった為 撮影したのは ニコライ堂と無縁坂と旧岩崎邸。



雨のニコライ堂
某病院の上から撮影。ニコライ堂です。
ジョサイア・コンドルが実施設計。建物の美しさに惹かれます。


無縁坂
旧岩崎邸に沿って 無縁坂があります。

さだまさし氏の名曲
「忍ぶ 不忍 無縁坂~」の無縁坂です。
この道を 下って行くと 不忍の池に突き当たります。
なだらかな 坂で ダラダラ続く
この近辺 確かに大きな病院が多く 創作だとしても
詩の中で 母の通院の付き添いを思わせるのも頷けてしまいます。

そんなことを思いながら歩くとこの坂にも情緒を感じてしまいます。
  



無縁坂2
この塀の向こうは、旧岩崎邸です。
苔むした岩と赤レンガに趣があります。


岩崎邸
ようやっと着いた旧岩崎邸


岩崎邸3
旧岩崎邸は1896年(明治29年)に三菱創設者・岩崎家本邸として建てられました。
ジョサイア・コンドルの設計



岩崎邸2
アップにしてみると 人の顔の様に見えてしまう・・・・・・私だけ。






ブログランキングに参加しています。


community : 写真 : 建物の写真
東京歩き | comment 6 | trackback 0 Top ↑
夏の日差し
蓮光芒
昨日 午前8時 もうすでに日差しが強く

気象庁では、関東地方 梅雨明け宣言を発表。

暑い夏に なりそうです。




蓮半







蓮散る







乗蓮寺
板橋区 乗蓮寺 葵の御紋のある本堂 東京大仏のあるお寺です。






ブログランキングに参加しています。


community : 写真 : 花・植物
板橋区 乗蓮寺 | comment 4 | trackback 0 Top ↑
立ち葵の追憶
tatiaou2.jpg




tatiaoi.jpg


立ち葵を見ると 小学生の頃の事を思い出します。

その当時 私の通っていた小学校には 
ベレー帽をかぶり 画家のような風貌をした
用務員さんがいて
夏になると花壇に立ち葵の花を沢山咲かせて
毎日水を撒いていました。
特別に話をしたことは、なかったのですが、
教師とはちょっと違う存在で 親しみを感じていました。
何時の頃からか、用務員さんという存在が小学校からは
居なくなりました。


立ち葵を見て
懐かしい気持ちになり、
ふと昔の事を思い出してしまいました。 




ブログランキングに参加しています。


community : 写真 : ある日の風景や景色
夏の花 | comment 4 | trackback 0 Top ↑
ラベンダーの夢。
ラベンダー1
もう少し早く行こうと思っていた 近所のラベンダー畑。









夢
夢を見せてくれた ラベンダー畑







ラベンダー2
また来年、花咲く頃にきます。






ブログランキングに参加しています。







community : 写真 : ある日の風景や景色
夏の花 | comment 2 | trackback 0 Top ↑
意外に可愛い 野菜の花。
ズッキーニ
ズッキーニの花です。

6月下旬にお友達の畑に出かけた時に 可愛かったので撮らせて頂きました。
ズッキーニの実は、花の様に上に向かって出来ます。
これからの季節 ラタトゥイユ(フランス語: ratatouille フランス南部プロヴァンス地方の料理)に
欠かせないお野菜です。







春菊
春菊の花も可愛らしく咲いていました。






ブログランキングに参加しています。



community : 写真 : 花・植物
夏の花 | comment 2 | trackback 0 Top ↑
蓮の花
蓮2








蓮1






hasu1.jpg

神々しい蓮の花には、ほど遠く。。。。



今年も 蓮の花の写真を撮って見たくて、
近所の蓮の畑まで 出かけてみました。
植えている方のご厚意で撮らせて頂いているわけなのですが、
なかなか 思ったようには撮れず 
私が撮ると何となく気高さがないような。。。。
まだまだ・・・・です。




ブログランキングに参加しています。



community : 写真 : 花・植物
夏の花 | comment 2 | trackback 0 Top ↑
再び紫陽花
ブルー紫陽花 - コピー
まだ紫陽花 咲いています。この色 紫陽花らしくて好きな色です。







青紫陽花





グリーン紫陽花 - コピー
木の葉に隠れる紫陽花




パープル
かなりハイキーな紫陽花。



今日は、家族の寝坊デーなので みんなが起きないうちに 朝の散歩です。
ゆっくりと朝の散歩が出来るのは、日曜日だけ。
散歩して 沢山 花の写真を撮って
帰ったら シャワーを浴びて、ゆっくりブランチを作る たまにはいいよね。
そんな日常が、すごく好きで幸せな時間です。

 


ブログランキングに参加しています。







community : 写真 : ある日の風景や景色
朝霞市 城山公園 | comment 2 | trackback 0 Top ↑
愛国駅から幸福駅
機関車
愛国駅にある機関車。

愛国駅と広尾線のあゆみ
愛国町は、明治29年に入植が始まります。
この地名は、ここに愛国青年団という団体があったことに由来しています。
愛国駅は、広尾線の開通と同時に昭和4年に設置されました。広尾線の開通は、
南十勝発展の原動力とない多大な功績を残すとともに
「愛国・幸福ブーム」など数々の想い出を残してきました。
しかし 昭和62年鉄道の落ち込み等から58年間の歴史に幕が下ろされ
旧愛国駅は、ロマン溢れる広尾線を人々の心から消さないために
交通記念館として整備されました。(看板の説明書きより)





じゃが芋
愛国駅のあたりは ジャガイモ畑が 広がっています。






kouhukueki.jpg
ここは 幸福駅。





切符1





切符2
「幸福なんて 気持ちしだい。
心の中まで幸福を満たせるかどうかは、自分しだい。」と独り言。






北海道 帯広の旅は、ここまでです。
最後まで お付き合いいただき ありがとうございます。
「ケ」の日のブログに戻ります。
またよろしく お願いします。

ブログランキングに参加しています。


community : 写真 : ある日の風景や景色
北海道 | comment 4 | trackback 0 Top ↑
十勝の花の饗宴
おだまき
ちょっと気取った感じのオダマキ



きゆり
ゼンテイカの横顔



フウロ草2輪
素朴なフウロ草



ネギ坊主
ネギ坊主のようなギョウジャニンニクの花



マーガレット後ろ
マーガレットの後姿



レンゲショウマ
風そよぐヤマブキショウマ



紫
十勝の花々の饗宴は、これからですよ。









ブログランキングに参加しています。


community : 写真 : 写真にコトバをのせて
北海道ガーデン街道 | comment 4 | trackback 0 Top ↑
| Main | All | Next