| Main | All |
亀戸天神 藤の花咲く頃
DSC_0020亀戸天神1_450亀戸天神16_465
露出プログラム S  ISO感度:100 シャッター速度1/100  Fストップ値: f14.0 露出:-0.33ev AF-S NIKOR55-200mm
赤い太鼓橋とスカイツリーと藤 そして人の波




DSC_0084亀戸天神2_451
露出プログラム S  ISO感度:200 シャッター速度1/100  Fストップ値: f10.0 露出:+0.33ev AF-S NIKOR55-200mm
亀戸天神の藤の花は三色あるそうですが、光の加減で随分と色の具合が変わって見えます。




DSC_0177亀戸天神11_460
露出プログラム S  ISO感度:400 シャッター速度1/100  Fストップ値: f9.0 露出:+0.33ev AF-S NIKOR55-200mm
測光モードを変えてスポット測光にして藤の花にピントをもっと合わせると良いとの事。






DSC_0192亀戸天神12_461
露出プログラム S  ISO感度:100 シャッター速度1/100  Fストップ値: f9.0 露出:+0.33ev AF-S NIKOR55-200mm
手前の藤の花にピントを合わせるともう少し引き立つとの事。




DSC_0156亀戸天神7_456
露出プログラム S  ISO感度:400 シャッター速度1/100  Fストップ値: f10.0 露出:+0.33ev AF-S NIKOR55-200mm
奥の藤の花にピントを合わせると奥行きが出るとの事。




DSC_0090亀戸天神3_452
露出プログラム S  ISO感度:200 シャッター速度1/100  Fストップ値: f10.0 露出:+0.33ev AF-S NIKOR55-200mm
まあまあな写真らしい。



DSC_0233亀戸天神14_463
露出プログラム S ISO感度:100 シャッター速度1/125  Fストップ値: f14.0 露出:+0.33ev AF-S NIKOR55-200mm
緑の木の部分がちょっと要らない部分との事。






画像5
トリミングしてカットしてみると意外にもスッキリした感じに見えました。





5月2日晴天 写真講座での撮影会で亀戸天神まで行ってきました。
現地に10時半に集合して自由に写真を撮り12時半に再び集合。
今回亀戸天神で赤い太鼓橋とスカイツリーと藤を入れるというテーマがあり
人の多い所での撮影に慣れていないので戸惑い気味。
少しでもピントが合うようにと眼鏡もしっかりして撮影に挑みました。

後日の講評で一緒に行った写友さん方の写真を拝見させて頂くとかなり高レベル。
アングルの撮り方ピントの合わせ方などかなり刺激を受けました。
時間と天気の違う日の写真を撮った方もいて それもまた興味深く写真の奥深さを感じました。
もう少し 勉強せねばというのを実感。




ブログランキングに参加しています。

community : 写真 : 東京写真
東京歩き | comment 2 | trackback 0 Top ↑

Comment

こんばんはaria。
写真を撮った後、簡単に直せないのはピントの位置とブレですね。
明るさや色味、傾き等は後で簡易に直せる様になりました。
色々と先生からの評価を頂いてるようですが、写真って知識と経験が積み重なれば積み重なる程
難しく考えてしまったり、最初の初歩的に撮っていた写真が撮れなくなってきたりするもんです。
評価はあくまでも参考程度で良いと思います。技術は向上しても感性が鈍ってはいけません。
最初の頃のariaの作品は技術と知識は無かったかもしれませんが、自分の思うまま、気ままに自由に撮っていた作品が多いです。何故なら 知識と技術にとらわれる、制約が無かったからです。今はセミナー講師に沢山の技術と知識の向上で凄い作品が投稿されていますが、もっと自由で良いと思います。何故なら写真には制約は無いです。(違法な事やマナー外の撮影は当然駄目です。)2015年夏〜秋は大変良い雰囲気の写真多いです。自由気ままにシャッター押していたはずですw ピントの全く合っていない キラキラした 川の?写真 好きです。今でもそこの写真からインしてるんですよ〜w。 aria ism  で 撮ってみてはw
ruiさん
2015.10.04の写真ですね。
新しいカメラを買って心もウキウキとして
写真を撮るのもとても楽しかった頃です。
もちろん今も写真を撮る事は楽しいのですが、
確かに枠を決めてしまっているかもしれません。
写真も一つの表現方法でその時の心情が出るのでしょうね。
「aria ism」響きの良いフレーズですね。
何かの折に使わせてください。
少し自由になった気持ちになれました。
ありがとうございます。

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |